鳩よけに苦悩しているのなら専門業者の手を借りよう

動物の被害をなくすには

散布作業者

拡大する被害

最近は山や森林などの開発が進み、野生の動物にとって人間は身近な存在になってきました。そのため家屋に侵入したり畑や田んぼ、庭などを荒らすことも増えてきたのです。開発によって餌場が少なくなったことも被害が起きる原因となっています。しかし理由はともあれ、人間の生活に被害を与えるのですからこれらの動物は害獣と呼ばれます。ほとんどの害獣は鳥獣保護法に守られているので捕獲したり殺傷することは許可されていません。害獣駆除は追い払うことが最も良い手段とされています。農家は農作物や樹木などを守るためにかかしや柵、ネットなどを利用して害獣駆除を行っています。柵には弱い電流を流して動物を驚かせて追い払うこともあります。

自治体に相談しよう

被害が大きい場合は、自治体に相談すれば害獣駆除業者を紹介してくれます。またイノシシや鹿などは狩猟時期ならハンターを要請することもできます。ハンターは狩猟資格を持っており、ライフルの使用や罠での捕獲が許されています。最近は猿の被害も増えており、住宅に侵入したり人間に被害を与えることもあります。この場合は警察や自治体に相談するとケースによっては捕獲してくれることもあります。また困るのは家屋に侵入してくるイタチやアライグマ、ネズミなどの小動物です。ネズミは個人での捕獲が可能ですが、すばしっこく頭もいいので簡単な罠や毒餌などでは駆除できないこともあります。またイタチやアライグマは捕獲が禁止されており、追い払ってもまた戻ってくることが多いのです。そのためこれらの害獣駆除は専門の業者に依頼する人が増えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加