鳩よけに苦悩しているのなら専門業者の手を借りよう

清潔なベランダを取り戻す

鳩

糞の放置は禁物

鳩にベランダを狙われてしまうと、毎日大量に糞で汚されてしまう上、鳴き声にも悩まされることになります。あまりにもたくさん糞を落とすため、最初はこまめに掃除していても段々放置するようになり、ベランダが真っ白になるケースも珍しくありません。うんざりする気持ちは分かりますが、これでは正しい鳩対策とは言えません。糞を毎回始末するのは、ベランダの適切な鳩対策の1つです。なぜなら、鳩は仲間の糞が多く落ちているところに安心する傾向が強く、「駆除されない安全な場所」と認識して居座ってしまう可能性があるからです。元々鳩は帰巣本能が強い生き物なので、狙った場所への執着心は並大抵のものではありません。巣を作られる前に糞を片付けて、鳩が嫌がる忌避剤を置くなど退治する対策に励みましょう。鳩にとって居心地の悪い環境を整える対策が有効です。

放置した糞の被害

鳩に狙われてしまった以上、できるだけ早く本格的な対策に乗り出す必要があります。必要ならプロの駆除サービスを利用することも検討しなければなりません。糞を放置すると見た目に汚らしくなるだけではなく、汚れも落ちにくくなります。落とされてすぐに掃除すれば片付けるのではそう難しくありませんが、汚れてから何日も放置されてしまった糞は床にこびりつきます。強く擦ってもなかなか落ちませんし、専用の洗剤を用意しなくてはなりません。臭いもきつくなりますし、糞の放置は禁物です。鳩の糞でベランダが不衛生になると、人間にも感染する病原菌の温床になることも問題です。鳩の糞も原因になるクリプトコッカス症は体力が落ちている時、風邪などで免疫力が低下している時に簡単にかかりやすいので、要注意です。

このエントリーをはてなブックマークに追加